アメリカでの土地選び

アメリカでの土地選びで失敗しました。

というのも、アメリカは、日本のような平等な教育がなされていません。

高校までは義務教育ですが、地域によって、かなりレベルに差があるのです。

これは世界的に見て、イギリスなどもそうなので、日本がかなり特別で素晴らしい教育制度を誇っているということが言えるでしょう。

我が家は、家を購入する際に、子供がいたので、その子のことを考えて、学区の良い地域に家を探していたのです。

お互いに欲しい家が、ちょうどその学区にあり、オファーを入れたのですが、実はよく調べてみると、行きたい学区ではなかったのです。

ですが、どうしてもその家が欲しい、子供には越境させるつもりで、そこを購入することができたのですが、競争率が高くできません。

なので、いくら家を気に入っても、土地選びをする際には、自分自身が求めているものがきちんとそれに当てはまっているかを意識しましょう。以前、関西の不動産投資セミナーで聞いたメリット・デメリットをきちんと覚えていればよかったです。

我が家は、これにより、新しい家を探しています。

投稿を作成しました 40

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る